ヒュッゲなティーサロン 森薫 

自由が丘近郊。お茶とハーブのサロン。カードセラピー のご案内 & 暮らしダイアリー

夏にお薦め「水出しアイスティー」

今日は。ヒュッゲなティーサロンの森薫です。

 

全国各地、昨日は、ジリジリと一気に夏日となりました。

気持ちの上では、まだ梅雨明け前。

何でこんなに暑いの? 頭の中は、すっかり30度以下のつもりでしたが、喉が渇く渇く!

それもそのはず、しっかり30度超えとなっていました。

 

キンキンに冷えた飲み物は苦手なので、暑い日でも、ホットティーや常温で飲むことが多いのですが、外出した後などは、冷たいものを飲みたくなることがあります。

 

そこで、今日は、アイスティーのご紹介です。

作り方は、いくつか方法がありますが、私の一押しは「水出し」です。

特徴は、茶葉の繊細な香りが引き立ち、上品な風味を楽しめます。

特に、ジャスミン茶、春摘ダージリン(ファーストフラッシュ)、緑茶、または、香り豊かなフレーバードティーなどがお薦めです。

 

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180626111444j:plain

(この写真は、ジャスミン茶です。)

 

分量は 茶葉10gに対して水1000ml(1:100)の割合です。

作り方は、とても簡単。

  1. ティーポットや麦茶を作るような容器を用意します。
  2. 上記の割合を参考に、それぞれの分量を入れます。
  3. 冷蔵庫で冷やします。
  4. 時間が来たら、茶葉を取り出します。

浸出時間

通常6~7時間程度。緑茶の場合:3~4時間程度

だいたい一晩を目安にしてみて下さいね。寝る直前に作ると便利ですよ。

 

水の質、茶葉の種類などで、時間は一律とはなりませんので、

一度作ったら味見をして、好みの時間で調節してください。

味をしっかり出したければ、浸出時間を長めに。

 尚、常温で作る場合は、もっと短時間でできますが、冷蔵庫で、たっぷり時間をかけた方が、より一層香り高い仕上がりになります。

 

美味しく作るポイント!

とても些細なことですが、するのとしないのとでは、やはり仕上がりが違います。

ここでは、3点ご紹介します。

 

1.蓋にラップをしましょう!

 f:id:tokyo-teasalon-mori:20180626113326j:plain

 

蓋つきの容器(何でも)は、蓋を閉めたからOKと思いがちですが、

注ぎ口に隙間がありますよね。実は、ここが盲点となります。

茶葉には、臭いを吸収する特性があるため、冷蔵庫内の様々な臭いが移ってしまいます。

それだけ繊細な飲み物だということです。

写真のように、しっかりラップをして、隙間を隠しましょう。

 

2.茶葉を取り出す

麦茶を作る時、案外やりがちな事は、麦茶を浸しっぱなしにすることではないでしょうか。

いつまでも茶葉を入れたままにしておくと、えぐみや渋みがどんどん出てきてしまいます。

せっかくの美味しい味が残念な結果になりますので、必ず取り出しましょう!

これは、すべてのお茶、ハーブにも当てはまる共通ポイントですので、是非、実行してみて下さいね。

 

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180626114254j:plain

 

3.飲み切る

ついつい、作り置きしたくなりますが、お茶の場合、時間と共に香りが消え、味もどんどん変化していきます。衛生上の問題もあるので、出来るだけその日のうちに、飲み切る分量だけを作りましょう。

この事で、いつも新鮮なアイスティーを味わうことができるので、茶葉を無駄にすることがありません。

 

あともう一つ、

水出しアイスティーの割合は、1:100ですから、高級な茶葉も、お手頃価格となり、いつでも自宅カフェができますよ。