ヒュッゲなティーサロン 森薫 

自由が丘近郊。お茶とハーブのサロン。カードセラピー のご案内 & 暮らしダイアリー

ジンジャーエール + レモン 追記

今日は。ヒュッゲなティーサロンの森薫です。

 本日、用事があるため自由が丘に行ってきましたが、お盆のお休み中なのか、いつもより閑散としていました。

最近、観光客が増えて来たと思っていましたが、やはり、海に山にとお出かけしているのでしょうね。

 

さて、本日は、投稿済「ジンジャーエール」の追記です。

とても短い内容ですが、飲むときに、グラスにレモンを加えると、美味しさがアップしたので、お知らせしようと思いました。

作り方は、以下ブログ内をご覧ください。

tokyo-teasalon-mori.hatenablog.com

 上記ブログでは、グラスに炭酸と生姜シロップ&氷を。と記載。

本日は、レモンを加えてみて下さい。ということが追記となります。

輪切りでも、何切りでもお好きな形でどうぞ。

レモンの種類ですが、いくつか試したところ、評判が良かったのが、

「マイヤーレモン」でした。

酸味が突出し過ぎず、全体のバランスがとれますよ。

 入手できない場合は、もちろん他のレモンでもOKです!

 

 マイヤーレモン

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180815161414j:plain

参考までに「旬の食材百科」というサイトで、ちょっと調べてみました。以下一部引用させてもらいました。

マイヤーレモンは

オレンジとレモンの自然交雑で誕生したといわれる品種です。一般的なレモンと比べ表皮がつるっとしており、熟すと色がオレンジがかった濃い色になります。

マイヤーレモンの特徴

マイヤーレモンは比較的丸っこい形の物が多いようです。大きさはレモンより少し小ぶりでライムと同じくらい。

一般的なレモンに比べると酸味が少なくまろやかな味で香りもやや甘い香りがします。レモンほどすっぱくないので果肉を食べる事も出来き、菓子の材料や料理にも使いやすいです。

レモンカードやマーマレードなどがお勧めで、マーマレードにするとレモンとオレンジの中間くらいの薄いオレンジ色の綺麗な物ができます。

酸っぱいのが苦手!という方には、いいかもしれませんね。

 

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180815161801j:plain

 左側「ジンジャーエール

右側「スイカジュース」

明日から夏休みに入るという八百屋さんで、激安で売っていたため買ってしまいましたが、食べきれずジュースにしました。甘くて美味しかったです。

 

先程、山口県内で行方不明になっていた坊やが、無事保護されたとか。

本当に良かったですね!!

素晴らしいボランティアの男性にも拍手。!(*゚▽゚ノノ゙☆

 

本日もご訪問頂き有難うございました。

 

 

 

 

ハーブで素敵なおもてなし 

今日は。ヒュッゲなティーサロンの森薫です。

 

毎年恒例「お盆」の時期となりました。故郷への帰省、旅行、色々な計画があるかと思いますが、そんな中、久しぶりにハーブレッスンを開催しました。

外は蒸し暑く、遠くからお越し下さる方もいらっしゃるので、出来るだけゆったりとくつろいでいただけるような空間と時間を創りたいといつも思っていますが、参加者の皆様のお陰で、和やかに過ごせることに気づきます。

同じ立ち位置で、一緒に何かをすることが大切だなと感じています。

 

今回のテーマ「ハーブで素敵なおもてなし」は、毎年内容を変え開催していますが、今夏は、既にブログで投稿したうように、マロウブルーが主人公です。

 tokyo-teasalon-mori.hatenablog.com

 

「ハーブ」と聞くと、「ハーブティー」を連想されるのではないでしょうか。私もよく飲んでいますが、目的に応じて、活用法は多岐にわたります。

ということで、ドリンク、食べ物、手浴、ハーブブレンドティーなど色々と体験しながら、ハーブを楽しむことに重点を置きました。

 そして、何よりも日頃頑張っている「自分へのおもてなし」が一番のテーマです。

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180813112609j:plain

色が美しく変化するマロウブルーの特徴を活かし、炭酸水&シロップでカクテル風に。

 

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180813112815j:plain

インスタ映えするオープンサンドでランチの用意。

具材で隠れていますが、パンにマヨネーズやバターを塗る代わりに

ハーブペーストで味付け。盛り付けは自由に

女性は飾る事が大好きですね。大人遊び時間となりました。

 

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180813113102j:plain

冷たいドリンクばかりだとお腹が冷えるので、ホットティーも。

夏対策のお薦めハーブとして、ローズヒップ、他色々。

フルーツも加えると甘味が増しますので、お薦めですよ。

フルーツティーは、別日にアップする予定です。

 

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180813113509j:plain

こちらも、ブログ投稿済ですが、テーブルセッティングとして、少しでも涼やかな気分になればと思い、マロウブルーの氷をセンターピースに見立て飾ってみました。

ふと思いついた氷の飾りが気に入り、夏になるとこんな風にしています。

センターピースとは、テーブル中央に飾る、花、キャンドル、料理、他の事。その日のテーマを象徴する場所として、コーディネートをしていきます。

今回は、お楽しみの1つとして、テーブルクロスやランチョンマットなどを選んで頂きました。

そこで、マロウブルーやオープンサンドが映えるようにと、選ばれたのは白のテーブルクロス。涼し気なテーブルになりました。流石ですね!

 

毎回、忘れてしまう事は、記録を残したいのに、写真撮影。

段取りに気がいってしまうので、あれ忘れた!これ忘れた!の連続。

主催者は余裕がないといけませんね~

 ということで、 撮り忘れた分は次回撮ろうと思います。

但し、覚えていればの話ですが、、、

 

本日もご訪問頂き有難うございました。

皆様、よいお盆休みをお過ごしくださいませ。

 

 

 引き続き募集中

tabica.jp

 

墨田川花火大会

今日は。ヒュッゲなティーサロンの森薫です。

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180730143550j:plain

昨日7月29日、台風の影響で順延となった「墨田川花火大会」に行ってきました。

私は、東京生まれの東京育ち、それも浅草から車で15分ほどの下町で暮らしていましたが、間近で見るのは、何と35年前に一度見ただけです。

大混雑になるし、実家ベランダからも微かに見えたので、積極的に行くことはありませんでしたが、今回、弟の会社が、墨田川打ち上げ第2会場の目の前という立地条件から、特別に社員家族が招待されました。 因みに、打ち上げ現場は、第1と第2があります。

こんなナイスなお誘いはめったにないので、花火好きの幼友達を誘い、この日、約2万発の花火が打ち上げられ、夜空花咲く夏の風物詩を、社屋屋上で満喫してきました。

 夜7時半スタートですが、6時前から主要道路が封鎖。歩けなくなるので、早めに現場に到着。9階の屋上に案内されると、本当に打ち上げ場所が眼下に!! (川の中)

 

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180730145550j:plain

一番高いビルは、おもちゃのバンダイ本社です。社員の方も見物していたんでしょうね。

 

綺麗な夕日を眺めながら、ビールとやきとりで乾杯!

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180730144045j:plain

 

周辺でも、花火見物準備万端。

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180730150110j:plain

 

スカイツリーもライトアップ。屋上からよく見えました。

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180730150152j:plain

 打ち上げまで、あと少し。

余興として、「木遣り」を披露してくださいました。下町ならではの鳶職文化。

今では、大変珍しいことです。

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180730150324j:plain

 

さあ、いよいよスタート。頭上から降ってくるような迫力。

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180730150643j:plain

花火は、大勢でみるのがいいな~と思いました。

 

 墨田川花火大会という名称

昭和36年まで「両国の川開き」と呼ばれていましたが、交通事情等の理由から、当時の花火会場は使えなくなり、打ち上げ花火は中止に。昭和53年より、花火会場を移動し、名称を「隅田川花火大会」に変更されたそうです。

 歴史は古い

記録を調べると、両国の花火が最古となっているそうです。

江戸時代の大飢饉で多くの犠牲者が続出し、疫病が大流行したことがきっかけとなり、将軍吉宗は、人々の慰霊と悪病退散祈願のため、墨田川で水神祭りを行なったことから、花火も打ち上げられ「両国の川開き」と呼ばれるようになりました。

 隅田川花火大会周辺

観光地として有名な、浅草、スカイツリー、ちょっと移動すると両国の国技館、下町を堪能できるスポットがたくさんあります。

遊覧船も出ているので、上流から下流へと移動しながら東京見物もできます。

 これから、全国で花火が打ち上げられますね。

 本日もご訪問頂き有難うございました。

 

インスタもやっています。宜しくお願いします。

www.instagram.com

 

ホームメイド「ジンジャーエール」

今日は。ヒュッゲなティーサロンの森薫です。


多くのブログを拝見していますと、色々なものを手作りされている方がたくさんいらっしゃいますね。様々なジャンルで個性が光っています。

実は私、針仕事が苦手なんです(笑)

亡き母はとても器用で、編み物、パッチワーク、繕い物、大得意でした。そんな母の手作りのセーターや服を着て育った私は、全部母任せ。自ら作ろうという興味を持つこともなく、今日まで至っていますが、最近、ちょっと後悔しています。

習っておけばよかったな~なんて。

 

そんな不器用な私でも、毎年手作りしているものがあります。

ハーブやお茶が好きということで、薬酒、ハーブコーディアルなどドリンク中心になりますが、得にこの時期作るものが

ジンジャーエール

 このジンジャーエールは、とても簡単で皆大好き。

正確に言うと「ジンジャーシロップ」を作り、炭酸で割るとジンジャーエールになるということです。

来月のティーレッスンでも使おうと思い作ってみました。

 

 暑い夏、お風呂上りの一杯。

 お湯割りで、冷房ガンガンのお部屋での冷え防止に。

  もちろん冬にも。

 夏のパーティーなどでも活躍。

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180727210742j:plain

夏のティーレッスン&ハーブクッキングコラボ会。ジンジャーエールを作りました。

 

材料

生姜  300g

砂糖  300g 

レモン汁 大2~3

水   400ml

 

作り方

1.生姜をスライスしたら、砂糖をまぶす。

  水分を出すために、全体よく混ぜるといいですよ。

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180727202901j:plain

 

2.このまま数時間以上放置。出来れば半日~一晩

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180727202934j:plain

 

3.たっぷり水分が出たら火にかけ、沸騰したら弱火で10分

  焦げないように注意してくださいね。

4.別鍋を用意し、漉します。(生姜をのり除く)

5.レモン汁を加え、冷めたら瓶に入れ保存。

砂糖は、好きな物でいいのですが、黒糖にすると、色、香り共に強いので、個人的には、シロップ作りには使用しないことが多いです。

 

アレンジ

カルピスの原液同様、ジンジャーシロップと炭酸で割ります。

比率は、お好みでどうぞ。

炭酸以外のものと組み合わせてもOKだと思うので、試してみようと思います。

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180727204328j:plain

 

同じ飲み物でも、グラスを変えると印象が変わるので、手持ちの物をあれこれ使いながら楽しんでいます。

 如何ですか? 身近な材料で簡単! 皆さんも作ってみて下さいね。

 

 本日もご訪問頂き有難うございました。

 

 

 

只今募集中

   

tabica.jp

 

 

 

  

 

浄真寺 束の間の休憩

今日は。ヒュッゲなティーサロンの森薫です。

 

毎日暑いですね~ 

夜中に目が覚めることって殆どなかったのですが、この猛暑続きで、起きてしまいます。

その度に冷房のスイッチON!

滝つぼ近くは、さぞかし涼しいだろうな~ なんて極端な想像をしております。

日中の外出も億劫になりますが、数か所用事があったので、最近の運動不足解消も兼ね、二駅間歩いて往復しました。

足取りは重く後悔しましたが、途中、浄真寺というお寺に立ち寄り休憩。

緑豊かな空間で、束の間の涼を味わいました。

 

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180725133547j:plain

境内には、三つの阿弥陀堂、焔魔堂、東京都の無形民俗文化財指定「お面かぶり」という仏教行事、そして、東京都指定天然記念物のイチョウやカヤがあり、春の桜、秋の紅葉が美しく、大晦日の除夜の鐘が、周辺一帯に鳴り響く風情ある寺院です。

普段は、写生や写真撮影をしている人がいらっしゃいます。

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180725133634j:plain

以前、このお寺を、安住アナと黒柳徹子さんが中継していた時、偶然テレビで見たことがありますが、徹子さんが子供の頃、よく遊んだ場所だったとか。

思い出話として、焔魔堂に鎮座している閻魔様と葬頭河婆の迫力満点な形相が怖ったとお話していました。

大人の私でも、「嘘はつきません!」と固い約束を交わしてしまうリアルな迫力。

写真を取ったら、怒られそうなので止めました。

 

 f:id:tokyo-teasalon-mori:20180725134925j:plain

今は、夏休み恒例ラジオ体操に、子供達が集まってくるようです。

どこでも神社仏閣は、子供達の遊び場になっていたと思います。

私も昔の子供ですから、近所の神社でよく遊んでいました。

田舎の祖父母の家に遊びに行くと、従妹や近所の子供達と村の鎮守様で、肝試し大会をやったことは、懐かしい思い出です。

最近のお子さんは、諸事情から遊べなくて可哀想ですね。

 蝉の声を聞きながら、思い出が蘇って来ました。

 

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180725133659j:plain

吹き抜ける風は心地よく、緑と土の有難さが分かります。

 都会のビル群、もう増えないで!と七夕の日、短冊に書いておけばよかったかな~

 

本日もご訪問頂きありがとうございました。

 

www.instagram.com

セルフケアー その2

今日は。ヒュッゲなティーサロンの森薫です。

 

本当に暑いですね。連日、西日本被災地での酷暑の様子が報道されていますが、皆様、ご苦労されている事と思います。せめて、少し涼しくなってもらいたいものです。

 f:id:tokyo-teasalon-mori:20180717223524j:plain

 <マレーシア イポー>

 

セルフケアーの続きです。

 塩風呂

熱が下がれば、お風呂に入りたくなりますが、普段、私は塩風呂を利用しています。

これは、偶然、複数の知人が取り入れていることを知り、始めたところ、心身清められるような感じがするので、けっこう気に入っています。

高級塩はお高いので、普段使いの塩を使用しますが、出来るだけミネラル分の含有率が高い自然塩を選んでいます。

以前、長男が社会人一年目の時、緊張とストレスを抱えながら、一人暮らしのマンションで、塩風呂を試したところ、「気持ち良かった」と言っていました。

 

呼吸

寝てばかりいると腰は張って来るし、起きるとだるい。呼吸も何となくしずらくなります。熱が下がった頃、無理のない範囲で、ゆったりと呼吸をしながら体の緊張を解そうとしました。

普段、意識的に呼吸をすることって余りないことですが、丁寧に呼吸をしていくと、徐々に、体全体が緩んでいくので、セルフマッサージにもなります。

 

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180715112847j:plain

 私が尊敬している方で、癌を克服された方がいらっしゃいます。

余命宣告を受けたのですが、様々な方法を試しながら、大変な努力を重ねられ見事生還されました。

その過程で、呼吸の大切さに気づいたそうです。

呼吸は、太極拳、ヨガ、気功、多くのジャンルで重視され、健康に良い影響を与えることは周知の事実ですが、それ以上に、吸う吐くを続けていくと、いつの間にか頭の中が空になる。

頭を空にすると、余分なことを考えなくなる。

感度が冴え、治癒力にもつながる。

また、頭を空にすると、生きやすくなる。と教えて下さいました。

でも、頭の中って忙しいですよね。色々な事が浮かんで来ますから。

「頭が空にならない時は、どうしたらいいのですか?」との問いに

「空になるまで続けてみてごらんなさい。」 乗り越えた方は違います。

 

また、気功師の先生は、「考えすぎると酸素を無駄に消費することになる」と仰っておりました。

確かに、思い当たることばかりです!!

 

 緩み

病気や怪我をした時、緊張状態になりやすいばかりか、普段の生活でも、しばしば不規則になり、体が凝ってしまいます。

私が通っているヨガレッスンでは、体の緊張と弛緩を繰り返す動きを取り入れていますが、緩める時、緩んでいることを感じてから次の動作に移ることを指導されます。

ポーズをとるのが目的ではなく、「今日、自分の状態はどうかな?」動かしながら自分の心身の状態に気づくことが、やがて自分を客観的に捉えられるようになると教えてくれます。

まだまだ道半ばですが(;'∀')

あともう一つ。寝る前にやっているのですが、溜まったものを出すように、「はあ~」と声を出します。

ゆるゆる~と たこのように緩みますよ。

何回声を出すかって? それは適当です(笑)

 

  本日もご訪問頂きありがとうございました。

 

 

tabica.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セルフケアー その1

今日は、ヒュッゲなティーサロンの森薫です。

 

病気になった時、病院からの指示や薬以外に、自分で出来るケアーありますよね。

例えば、水分補給、保温、消化の良い物を食べる。ひたすら寝る。などは、誰もが実行されている事かと思いますが、先週、腹痛と発熱の症状が出た時、自分なりのケアーとして、五感に働きかける事も取り入れてみました。

 

基本の水分補給 

手元にあったハーブでブレンドティー。白湯、またはシナモンティー

これらを、少量ずつ細目に飲んでいました。

一口メモ・・ハーブティーは、数回に分けて飲む方が、効率的に吸収されます。

 

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180717102232j:plain

この写真は「ハーブコーディアル」

冷たい物は飲まない方ですが、暑い!熱がある。こんな時はほしくなります。

お腹の調子を見ながら、、チビチビと、、作り置きは便利ですね。

  

エッセンシャルオイル

風邪をひいた時や、花粉の時期にもよく使っていますが、気分がすぐれませんし、寝ていても汗をかくので、少しでもリフレッシュするために使いました。

鼻から吸収される香りは、ダイレクトに脳へ運ばれるので、早くリラックス、リフレッシュ効果が期待できます。

今回、シトラス系やウッド系の香りを選びました。

 

香りを選ぶ時は

何も考えず、ピンとくるものを選ぶようにしています。その時に必要な香りだと思うので、感じたものを大切にしています。

また、体調如何で受け付けない場合は、無理に使用しません。

 

アロマシール

アロマディフューザーを使う事もありますが、ヨガの先生に教えてもらったアロマシールが、最近のマイブーム。

好きなエッセンシャルオイルをシールに垂らし、服や下着に張りつけ、長時間香りを楽しめる便利グッズです。

 

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180717000356j:plain

 お薦めで~す。

  本日もご訪問頂きありがとうございました。

  

 Instagramもやっています。お時間がありましたらお願いします(^^♪

www.instagram.com

 

 

 

 

 

月の癒し

今日は。ヒュッゲなティーサロンの森薫です。

 

不覚にも体調を崩してしまい、久々に寝込んでいました。

腹痛と発熱の症状が出始めた日の午後、以前より習いたいと思っていた「スマホ撮影講習会」に参加する予定でしたが、何とか、キャンセルせずに済みました。

過去にも同じような経験をしたことがあり、その時は、病院に行きましたが、今回は、自分で出来るケアーをしながら様子を見ることにしました。

悪化もせず良くなってきたので、助かりました。

 

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180714182611j:plain

セミナーにて。先生がレイアウトしたテーブルを撮影。

先生のセンスはさすがです!】

 

7月13日 新月

ところで、7月13日は、南半球では日食が見られる特別な新月の夜でした。

天体に関して知識はありませんが、お月様や空を見る事は大好きです。

新月は姿を現しませんので、見る事はできませんが、満月同様、強いパワーがあると言われています。

満月の日は、お産が増えるとよく言われますし、ウミガメの産卵もそうですね。

因みに、私も、2度の出産共に満月の日でした。

また、農作業と月のリズムには深い関係があるそうです。

 

お月様のパワー

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180714184705j:plain

【数年前のスーパームーン

  以前、こんな体験をしたことがあります。

 米国同時多発テロ事件があった2001年、アメリカで暮らしていた頃、体調不良により体重が40キロを切るところでした。蛍光灯の灯りでさえ疲れ、蝋燭で過ごす日々。

強烈な薬の副作用、手術、他色々な症状が現れ、こんな状況が数年続き、心身が疲弊しきっていました。

ある晩、月が美しく輝いていたので、しばらく見上げていたら、何故かほっとして、体が徐々に癒されていくような感覚を味わいました。

静かな闇夜の中で、月が放つ光の粒が肉体に染み込み、まるで、金平糖のように尖ってしまった細胞が、丸く丸く削られながらあるべき姿に戻っていくようなイメージです。

 

何故、お月様を見たくなったのかは分かりません。

ただ、外を見たらお月様が綺麗だったという単純な理由でしたが、もしかすると、私に必要な体からのメッセージとして、体調を回復させるために「月光浴」へと導かれ、自然の力により、本来持っている治癒力が目覚めるきっかけとなったのではないかと思うようになりました。

化学的根拠は何もありませんが、分かったことは、頭で判断し行動したのではなく、感じるままに動いた結果、心身全体が楽になったということです。

 その後、急激に快方に向かったわけではありませんが、自分なりの治療法を探し始め、植物療法や種々の自然療法と出会いながら、ハーブやお茶が好きになっていく貴重な体験となりました。

 

ところが、時間の経過と共に、辛かった時の事をつい忘れがちになります。

夜更かし、スマホを見すぎて目がしょぼしょぼ。

あ~いけないとまた反省。

 f:id:tokyo-teasalon-mori:20180714190124j:plain

<7月13日自宅から撮影。新月前の夕刻>

 

新月の夜空の下、月にリズムがあるように、自分の心身のリズムを整えながら、セルフヒーリングをするためには、体や心の声を聞く感覚を磨いていくことは大切だなと改めて感じました。

そして、17年前の不調を乗り越えてくれたこの体に「ありがとう~」

  

  本日もご訪問頂き有難うございました。

 

 

 只今募集中 ↓

tabica.jp

 



 

「ベルリンフィル12人のチェリスト」コンサート

今日は。ヒュッゲなティーサロンの森薫です。

 

先日、幼友達から突然打診がありました。

「友人とコンサートに行く予定だったけれど、彼女が急遽仕事で行かれなくなったの。チケットもったいないから行かない?」

場所も、誰のコンサートなのかも聞かず、「行く」と即決。

その日が、昨日でした。

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180709161430j:plain

 

最寄の地下鉄駅改札で待ち合わせ、ランチ後、会場に向かいます。

 入り口には長蛇の列。何やらとても人気の高いアーティストなのでは!という予感が。

会場は、東京港区にある「サントリーホール」でした。

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180709162928j:plain

ようやくチケットをもらうとベルリンフィル12人のチェリストの文字が飛び込んで来ました。

凄い! クラシック通ではない私でも「ベルリンフィル」の知名度は分かります。

友人がクラシック好きで、コンサートにはよく出向く!!!

初耳です。5歳の頃からの付き合いなのに、知らなかったとは!

新鮮な驚きでした。

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180709162953j:plain

さて、コンサートですが、弦楽器が奏でる曲はどれも素晴らしく、フルオーケストラ並みの音の広がり、それでいてどこまでも柔らかな調べは、草原にいるような爽やかな心地良さと優しさを感じる至福の時が流れていきました。

 クラシック以外に、日本民謡ピアソラ(タンゴの巨匠)など、知っている曲もあり、コンサートに集中するには、これだけでも充分な条件です。

3曲目に演奏されたJ.フランセー「朝の歌」は、初めての曲でしたが、軽やかで、洗練された曲風が気に入りました。

クラシックに詳しい方であれば、よくご存じの曲かもしれませんね。

  コンサート中盤では、日本民謡「こんぴらふねふね」が演奏されましたが、誰もが知る曲ですね。この日のこんぴらさんは、三枝成彰氏編曲によるものでしたが、ベルリンフィルこんぴらさんは、まあ~ファッショナブルに変身されたこと!

そうそう、三枝さんが会場にいらっしゃいました。

 全体的に、各曲短めだったのですが、盛大な拍手鳴りやまず、アンコール曲が3曲という嬉しいおまけつき。最後は、「荒城の月」の静かな余韻で終焉となりました。

 

会場内は、ロマン溢れる平和な時間に包まれていましたが、西日本では甚大な被害に見舞われた事に対して、演奏者がお見舞いの言葉と共に、その想いを曲に乗せ演奏されていました。

 

私の友人も被害に合い、幸い無事でしたが、仕事が出来ない状況とのこと。一日でも早い復旧を祈るばかりです。

 

 

ご訪問頂きありがとうございました。

 

 

 

 

シナモン一口メモ

今日は。ヒュッゲなティーサロンの森薫です。

 

昨日、スコットランドから帰国したばかりの友人から、100%全粒粉クッキーのお土産を頂きました。甘さ控えめで、大好きなシナモン風味。美味しかったです!

 

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180705232246j:plain

さっそく、どんなお茶と合わせようか?と楽しい迷いですが、豆乳でマサラチャイを作ってみました。

因みに、マサラとはスパイス。 チャイお茶という意味です。

最低でも、数種類以上のスパイスを使いますが、やはり、シナモンは外せません!

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180705232536j:plain

(トッピングも豆乳で、スタバ風にしてみました。) 

 

シナモンは、スティックタイプとパウダータイプがありますが、

使い分けすることで、香りを楽しめますよ。

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180706163044j:plain

スティックタイプは、太く、固いので、マサラチャイやシナモンティーを作る時に向いています。

煮だし式方式といいますが、お鍋で数分煮込みながら、しっかり香りを出していきます。

風味が出て来るまで時間がかかるので、水の状態からいれるといいですよ。

 私は、香り立ちの時間を短縮するために、写真のように砕いて使うことが多いです。

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180706162551p:plain

 

パウダータイプは、粉状ですからとても便利。

ただ、煮てしまうと香りが抜けてしまうので、お茶が出来上がってから使うことをお薦めします。

お茶のトッピング以外に、私は、予め、ティーポットやティーカップに入れてしまいます。その後、お茶やミルクティーを注ぎ入れる時に対流が起きるので、シナモンの香りが広がりやすくなります。

 

 シナモンの効用

シナモンの歴史は古く、古今東西使われているスパイスです。

胃腸を守り、消化機能促進、血液循環を高めるなどいいことがいっぱい。冷え防止にもいいので、夏の冷房対策に如何でしょうか。

 

本日は、シナモン一口メモでした。

ちょっとしたことですが、香りを逃さないためにも、形状により使い分けてみて下さいね。

 

ご訪問頂きありがとうございました。