ヒュッゲなティーサロン 森薫 

自由が丘近郊。お茶とハーブのサロン。カードセラピー のご案内 & 暮らしダイアリー

ハーブで夏を演出

今日は。ヒュッゲなティーサロンの森薫です。

 

想定外の早期「梅雨明け宣言」ということで、この夏、関東近郊では、水不足が心配されていますが、西日本方面では、豪雨によりご苦労されている地域もありますね。

全国的にバランスよく雨、晴れ、穏やかにいかないものだろうか!

ドローン以上に、ドラえもんのポケットがあればと思ってしまいます。

 

今日は、私流夏のハーバルライフの紹介です。

家にいても、汗をかくほどの暑さです。少しでも涼を求めて、ちょっと遊び感覚で、こんなことをしています。

ハーブの氷です~

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180702165327j:plain

テーブルの上を飾っても、涼しさを感じますよ。

 

マロウブルー

この青色の氷は、大好きなハーブの1つマロウブルー」

または、「ウスベニアオイ」と言います。青紫色の色彩がお湯に溶け出し、きれいなティーが作れるのが特徴です。

ただ、お湯だとちょっと色が薄くなってしまいますが、それでも、涼やかな色を楽しむことができますよ。

効能ですが、粘膜保護(喉の腫れ、胃炎や膀胱炎など)、皮膚の保湿、皮膚炎などにも使われます。

 

入手は簡単

私は ドライハーブを使用していますが、とてもポピュラーなハーブなので、入手は比較的簡単です。ハーブショップには、大抵並んでいると思います。

 

作り方

氷を作る場合は、お湯ではなく、水を使い、約10分~15分ほどそのまま。とても濃~いブルーになりますので、そのまま製氷皿で凍らせるだけ。とても簡単です。いつまでも放置しておくと、色が褪せてしまうので、ここは注意しましょう。

分量は、すみません!きっちりと量ってはいなので、こうです!と言えませんが、例えば、水300mlに対して、計量スプーン大2くらいでしょうか。

興味のある方は、かなり濃い色になるので、夏休みの実験を思い出し、ちょっと試してみて下さい。

 

 追記です~ 翌日実験しました。

分量と浸出時間ですが、200ml:大匙1

浸出時間5分の段階で、写真のようになりました。 

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180703162253j:plain

5分以上経つと、もう少し濃い色になりますよ。

参考になさって下さいね。

 

 

こんな使い方も!

お客様がいらした時、夏の定番「麦茶」の代わりに、炭酸水やジュースに氷をプラスすれば、ちょっと素敵なドリンクになりますよ。

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180702170143j:plain

 また、ミントやエディブルフラワーでも同様に、可愛い氷が出来ますので、こちらもおすすめです。

特に、スイーツやハーブティーで使用した時に余ってしまったら、氷にしてしまえば無駄にはなりませんね。

  

飲んでも、見ても癒されるハーブ。

レッスンや、誰かのためだけではなく、自分のためにも。

そして、これからもアイディアを見つけながら、ハーバルライフを愉しんでいきたいものです。

皆さん流の夏をエンジョイしてくださいね。

 

ご訪問いただき有難うございました。