ヒュッゲなティーサロン 森薫 

お茶とハーブ & セルフセラピーカード

ラグビーワールドカップとカードメッセージ

 ラグビーワールドカップ

f:id:tokyo-teasalon-mori:20191111173018j:plain

日本を熱狂させたラグビーワールドカップが終了し、随分時間が経ったように感じる今日この頃ですが、にわかファンの端くれとなった私は、ちょっぴりロス気味になっていました。そんな時、あるTV番組で「ワールドカップ感動の名シーン」が放映されていたので、しっかり見ていると、ふと、私がおこなっているセッション「セルフセラピーカードリーディング」の中にある「つながり」というワードが浮かんできました。

 

 感動は伝染する

私の友人は、2度スタジアムに足を運び、心から感動した!選手達は素晴らしかった!日本凄い!という生の声を、試合中も試合後も、LINEで知らせてくれたので、TV観戦をしている私にまで、勝利への雄姿に「感動をありがとうコール」がスタジアム全体を包んでいる。そんな熱気がムンムン伝わってきました。私も行きたかったナ~

 つながっている 

「ベスト8進出を果たした時のお気持ちは?」という記者の質問に対して、死闘を終えた選手達は、「僕たちと応援してくれる人々が一つになったように感じた」「皆と共に戦った」「国中が一つになった」という彼らのメッセージが印象的でした。皆がつながりを感じたので、より一層感動が深まったのではないかと思いました。

 

 カードメッセージの「つながり」とは

f:id:tokyo-teasalon-mori:20191111175106j:plain

このカードを見てどんな印象を持ちますか?

橋の上で、手をつないでいますね。仲直りでもしているのでしょうか?

実は、つながっているつもりでも、つながっていない事って結構あるんです。最近のクライアントさんとのセッションにおいて、このカードが度々出てくるのが不思議なんですけど、それだけ「つながりましょう」と教えてくれていることなんです。

 

 つながりを取り戻す

f:id:tokyo-teasalon-mori:20191119122522j:plain

セルフセラピーカードの考案者であるチャックスペザーノ博士の言葉に、つながるという言葉が度々登場しますが、私達が抱える問題の中核には、分離している状態であることがしばしば起因しています。引きこもっている状態とも言えます。

そんな時は、自分で気づいていない罪悪感、ハートブレーク、怖れ、無価値感など、何か抑圧しているものがないかを探るチャンス!

 ベスト8進出に向けて、必至に戦ってきた選手達。それを後押しするように応援する人々。まさに「ONE TEAM」として、皆がつながり、感動を分かち合えたワールドカップ同様、再び、能動的に人とつながることで癒され、共に幸せになっていく道が開かれていきます。 

人は、つながることが必要なんですね。

ラグビーワールドカップとカードメッセージが、つながりました💗