ヒュッゲなティーサロン 森薫 

自由が丘近郊。お茶とハーブのサロン。カードセラピー のご案内 & 暮らしダイアリー

シナモン一口メモ

今日は。ヒュッゲなティーサロンの森薫です。

 

昨日、スコットランドから帰国したばかりの友人から、100%全粒粉クッキーのお土産を頂きました。甘さ控えめで、大好きなシナモン風味。美味しかったです!

 

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180705232246j:plain

さっそく、どんなお茶と合わせようか?と楽しい迷いですが、豆乳でマサラチャイを作ってみました。

因みに、マサラとはスパイス。 チャイお茶という意味です。

最低でも、数種類以上のスパイスを使いますが、やはり、シナモンは外せません!

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180705232536j:plain

(トッピングも豆乳で、スタバ風にしてみました。) 

 

シナモンは、スティックタイプとパウダータイプがありますが、

使い分けすることで、香りを楽しめますよ。

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180706163044j:plain

スティックタイプは、太く、固いので、マサラチャイやシナモンティーを作る時に向いています。

煮だし式方式といいますが、お鍋で数分煮込みながら、しっかり香りを出していきます。

風味が出て来るまで時間がかかるので、水の状態からいれるといいですよ。

 私は、香り立ちの時間を短縮するために、写真のように砕いて使うことが多いです。

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180706162551p:plain

 

パウダータイプは、粉状ですからとても便利。

ただ、煮てしまうと香りが抜けてしまうので、お茶が出来上がってから使うことをお薦めします。

お茶のトッピング以外に、私は、予め、ティーポットやティーカップに入れてしまいます。その後、お茶やミルクティーを注ぎ入れる時に対流が起きるので、シナモンの香りが広がりやすくなります。

 

 シナモンの効用

シナモンの歴史は古く、古今東西使われているスパイスです。

胃腸を守り、消化機能促進、血液循環を高めるなどいいことがいっぱい。冷え防止にもいいので、夏の冷房対策に如何でしょうか。

 

本日は、シナモン一口メモでした。

ちょっとしたことですが、香りを逃さないためにも、形状により使い分けてみて下さいね。

 

ご訪問頂きありがとうございました。