ヒュッゲなティーサロン 森薫 

自由が丘近郊。お茶とハーブのサロン。カードセラピー のご案内 & 暮らしダイアリー

梅雨の手仕事 ~梅~

今日は、ヒュッゲなティーサロンの森薫です。

この時期の手仕事代表格と言えば「梅」ではないでしょうか。

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180612101635j:plain

前回のルバーブ同様、最近気に入っている「MERCATO」という名前の自由が丘(東京)にある八百屋さんで、珍しい梅に出会いました。

珍しいとは、サイズが小さいという意味です。

店主曰く「とても色鮮やかになるんだよ~」の一言で、ゲット!

早々、梅ジュースを作ろうと思いました。

e-mercato.net

自由が丘は、場所的に近く、週1で通っているヨガもここなので、馴染みのある街でもあります。

偶然見つけたお店ですが、足腰のための1万歩達成チャンスのために、最近、歩き通いの回数が増えました。

美味しそうな野菜を見る度に、東京って何でもありだけれど、あり過ぎでは?

逆に、新鮮な食材&空気に関しては、乏しい街だナ~と感じます! 

 

そうそう、梅ですが、写真左側が通常サイズ。店にあったのは右側。

大人と子供みたいですね~ 

子供サイズの梅ですが、名前、忘れましたm(*- -*)m

 f:id:tokyo-teasalon-mori:20180612102837j:plain

作り方は、よく洗い、ヘタをとった後、軽く水分をふき取り

一晩冷凍庫で凍らせます。

後は、好みの砂糖と梅を交互に重ねながら瓶に入れていくだけ。

凍らすことで、水分が出やすくなりますよ!

本来、砂糖は極力減らしたいものの、保存しなくてはならないし、アレンジティーやゼリーなどにも利用するため、透明度重視という点から氷砂糖を使う事が多いです。

 色鮮やかなジュースができるかな~ 

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180612103558j:plain

 

手仕事終了後、氷砂糖が余ってしまったな~ 何か漬けようか?

すると、願いって、面白いですね。

期待していない時に叶うことがあるようです。

幼友達が、自宅の梅を送ってくれました!

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180612103928j:plain

まあ~ 何ともいいタイミング。

 

私の両親はすでに他界しているため、季節を感じる宅急便は、もう来ることはなくなりましたが、予期せぬインターホンからの嬉しい「ピンポ~ン」でした。

明日は、料理好きの弟に会う予定。

この梅を半分持っていくつもりです。