ヒュッゲなティーサロン 森薫 

自由が丘近郊。お茶とハーブのサロン。カードセラピー のご案内 & 暮らしダイアリー

お茶と私

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180315225440j:plain

何故、これが好きなの?と聞かれても、何だか分からない。

でも「これが好き!」「ワクワクする。」というものってありますよね。私にとってのお茶やハーブも、そうなのかなって思います。

気がつけば、小さい頃から、祖母や近所のおばあさんの家に遊びに行く度に、大人のお喋りタイムに参加しながら、お茶にお煎餅、茶饅頭、そして、欠かせないのが、おしんこ(当時は、おしんこがお茶の共)に興じていました。

時は流れ、小学校高学年の頃、学校帰りに、クラスメイトの家に遊びに行った時、その子のお母さんが、おやつを出してくれました。小さな小花模様のお盆に載っているそのおやつを見た瞬間、、、

Fall in love!  うっとり!

それは、朝顔型のカップ&ソーサーに琥珀色の紅茶が注がれ、添えられたお菓子は、不二家のミルキー。袋入りのままと小皿にさりげなくサーブするのとでは、全く別物に見えてしまう。私にとっては、まさに衝撃的、新鮮な驚きでした。

口の中のミルキーの甘さと香しい紅茶の風味が溶け合って、極上のティータイム初体験となりました。

更に更に時は流れ、今から20年ほど前の話になりますが、当時住んでいたカリフォルニアで体調を崩した上に、薬の副作用でますます状況が悪化。そんな時に出会ったのがハーブや植物療法の世界でした。

オーガニックストアーの陳列棚に並ぶハーブ達。カラフルなパッケージに包まれたお茶の箱を眺める事が、体力を無くしていた私の楽しみとなりました。

その後、帰国し、子育ても終了間際となった頃、本格的にお茶やハーブを学ぶようになりました。

振り返ってみると、生まれた時から、いいえ、生まれる前から、お茶と縁があったのかな~ なんて思えてきます。

きっと、魅かれるものって、その人にとり何か深い縁があるのでしょうね。