ヒュッゲなティーサロン 森薫 

自由が丘近郊。お茶とハーブのレッスン。カードセラピーのご案内 & ブログ

健康・美容

② お気に入り美容方法 ~前回の続き~

今日は、森薫です。

 

以前、アーユルヴェーダ研究家の方から教えて頂いたことをヒントに、ずっと続けている方法をご紹介しますね。

それは、

f:id:tokyo-teasalon-mori:20180313103223j:plain

白ごま油

スーパーで、白ごま油を買ってきてキュアリングします。

キュアリングとは、マッサージに適した状態にすること。

私は、いつも太白を使ってます。

ネット上で調べても、太白を紹介しているところが多いみたい。

 

<キュアリング>

  1. 鍋を用意し、一気に油を投入。弱火で温める。
  2. 約90度超えたら火を止める。温度計が必要ですね!
  3. すぐガス台から外し(温度が上昇してしまう)110度位でキープ
  4. 粗熱が取れたら瓶に戻す。
  5. もし、アロマオイルがあれば、数滴混ぜると効果アップ。なくてもOK。
  6. しっかりキュアリングすれば、1か月以上保存可能。ただし、生ものなので、長期保存は避けた方がいいです。

**温度について**

110度以上はダメ!と言われているようですが、130度くらいでもOKだと教えてくれました。諸説色々あるようです。

 

使用方法 

私の場合、朝の洗顔代わりに行っています。

  1. 蒸しタオルで顔を蒸らす or 軽くぬるま湯で洗う。
  2. キュアリングしたごま油を、約小さじ1/2程度を耐熱容器に入れ湯煎
  3. 人肌程度に温めた油を、ほんの少し指先にとり頭のてっぺん(第7チャクラと呼ばれているところ)をやさしくマッサージ。
  4. 続いて手のひら全体に油を馴染ませ、顔全体、毛穴に油が染み込ませるように軽くマッサージ。
  5. 耳、顎関節、首リンパ、頭皮などもついでにマッサージ。
  6. そのままの状態で、家事をやります。
  7. 放置する時間は、その時々に応じてですが(かなり自己流)ティッシュオフする感じで、蒸しタオルで顔を蒸らした後、化粧水やクリームを塗って終了。

何だか、手間暇かかってめんどくさそうに感じるかもしれませんが、キュアリングをしておけば、いつでも使用可能だし、湯煎の時間も1~2分。マッサージと言っても軽く撫でる感じで、数分程度。それほど大変ではないですよ!

 

最近は、粉白粉程度しか塗りませんが、乾燥する時期でも、ごま油を使い始めてから、それほど気にならなくなりました。

何といっても経済的!

アーユルヴェーダの専門家ではありませんが、ごま油は、毛穴からの浸透率が高いらしく、体内の汚れを取り除いてくれるようです。

かなり自己流ですけど、こんな感じで手入れをしています。

 

もし、「やってみよう」と思われたら、念のためにパッチテストしてみて下さいね。まれに、被れちゃうと言う方もいるらしいです。

 

皆さんも自分スタイルを発見してみて下さいね。